オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

多読目標100万単語

ようやく178293 Wordです。Googleドキュメントに記録をつけることにしました。感想メモはあくまで主観ですので、、、あまり気にしないでください。

Word Countsなどは以下のサイトを参考にさせていただいています。

SSS Graded Readers Word Counts and Recommendation List
http://www.seg.co.jp/sss/word_count/word-count.html

記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

英語の基本用語を習得する

前回、英語の基本用語を習得することを最初の目標とすることを書いたが、その方法について試行錯誤を行っている。

今のところ以下の2つを体験してみた。
-速読速聴・英単語 Basic 2200
-SSS英語学習法

速読速聴・英単語 Basic 2200


Z会が出版している英単語を効率よく学ぶための書籍で、CD-ROM付きでなかなかおてごろな価格で購入できる。英単語の学習というと、単語のみが羅列されていたり、脈絡の無い例文があったりするものがあるが、この書籍はある程度の長さの例文から効率よく英単語を学習できるようになっている。個人的には、このようなスタイルのほうが記憶しやすいと考えているのだが、実際体験してみると例文がなかなか面白く付属のCDを聴きながら楽しく学習できている。
今のところ、何度かCDを聴いて内容がずいぶん理解できてきたので、次は書籍を読んでみて文章の内容や単語について
学習してみようと思う。

SSS英語学習法


英単語の利用数が限定された学習者用の書籍を多読して英語を学習する方法で、以下のサイトでいろいろ工夫された方法が紹介されている。
http://www.seg.co.jp/sss/
どれぐらい多読するかというと、最初のステップとして100万語を読破することから始める。100万語というと途方も無い量に思えてくるが、ペーパーバックの本を一冊読めば、おおよそ10万語あるため10冊で100万語超えることになる。まあ、日本語でも10冊の本を読もうと思うと、読書週間が無い人にとってはかなりつらいかも、、。英語の本を読むとなると、わからない単語などがあったりするとなかなか進まなくなるので、単語数がかぎられた容易な本を読むという方法をとるらしい。
単語数が限られた本というのは学習者用にあるのだが、多読となると大量に用意しないといけない。まあ、勉強するために出資は仕方がないのだが、多少は節約したいということで図書館に蔵書があるか調べてみたところ、Oxford Bookwormsがいくつかあるらしいので、早速借りることができた。SSS英語学習法を行っている人が蔵書の希望をしていることもあるようなので、近くの図書館を調べてみることをお勧めします。
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

作戦

どうやら叶JOEが、まじめに英会話スクールに行くことを検討しているらしい、、

私も英語は勉強しなきゃしなきゃと思ってはいるものの、他に情報処理系の勉強はしているし仕事も忙しいし時間が取れていない。まあ、時間をかければそれなりに使えるようになると思うのだが、年をとって記憶力も落ちてきているし、時間をかけるにはやる気を出さないといけない、なかなか苦労がありそうだ。こうやって考えると、いかに気合を入れずに効率よく英語を勉強するのかが課題だと思い始めてきた。
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

CLIEで聖書を読む 2

概要:CLIEで聖書を読むための2つ目の環境を作った。辞書を自分にあったものにして快適な環境になった。



利用ソフトウェア、データ

-WDIC(辞書、DOCリーダソフトウェア)

-PiloWeb Pro(WEBクリッピングソフトウェア)

-Collins COBUILD(英英辞書データ)

-Easton's Bible Dictionary(聖書辞書データ)

-Webster 1913(英英辞書データ)


続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

CLIEで聖書を読む

聖書を読んでいると肩がこる。とにかく聖書自体が辞典のように重いのだ。もうちょっと軽量な聖書が無いかと思って考えていたときに、以前使っていたCLIEを思い出した。いろいろ試行錯誤の結果、無料で英語翻訳の聖書を読める環境を構築することができたので、ここで紹介する(英語翻訳聖書は、English Standard Versionを使用した)。



PalmBible+



CLIEはSONYが販売していたPALM機種で手のひらサイズのコンピュータだ。現在は、携帯電話がこの役割をすっかり担うようになって、SONYもCLIEの販売を中止している。CLIEの良いところは、コンピュータのわりに軽量なところだ。ただ、入力には慣れが必要だったので、熟練できなかった自分はいつしか、ウェブで公開されているニュースの切抜きなどをテキスト変換しそれを閲覧する程度しか使わなくなっていった。仕事が忙しくなって、それも読まなくなってきたうちに、いつのまにかにCLIEを使わなくなって、押入れに入れたままにしていた。



PalmやPDAで聖書を読むというのは、ウェブを検索してみると他の方も検討や実践されているということがわかる。今回、参考にさせていただいたサイトは以下の2つだ。

続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

大量のTODOを管理する

GTDを実行したいとTODO管理ソフトを検討していたのだが、以下の自分の希望を満たすものがなかなか見つからないで困っている。



-TODOが大量(数100件ぐらい)

-軽量であること(マシンスペックが良くない)

-2台のマシンで同期が取れること



WEBサービスのcheck*padがかなりいい線なのだが、マシンスペックが良くないとajaxで動的にページが変化する際に、かなり待たされる。。(これは、某Fブラウザーを使っているのも原因だが、、IEなら多少ましになる)。



現在のところ、以下の2つのソフトを利用して実現できないかどうか検討中。。



-IdeaTree

-ばっちり同期



ばっちり同期は、現在試用期間中などだが、設定が簡単でFTPを使った同期ができるので、かなり気に入っている。FTPサーバにディスク容量が必要なのだが、最近はWEB領域の単価もかなり安くなってきたので、それほどコストは気にならない。

IdeaTreeは、お気に入りの情報管理ソフト。なかなか動きが軽快なので、マシンスペックが悪くてもいい感じで使えている。



まあ、紙ベースでもいいと思うんだけど、移し変えたり整理整頓するのが面毒になりそうなので、今のところ検討からはずしている。タスクごとにカードに書くというのも考えたのだが、注意力散漫な私は、落として無くしてしまうのが目に見えている。。
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

フォーカシング・ニューマニュアル

フォーカシングについて調べようと思っていたら、いつのまにかにアン・ワイザー コーネルさんの本が出版されていた。ただ、内容についてAmazonを見てみようと思ったが、いまいちどういう本かわからない。。。ネットで調べてみても、??



原書の情報を見てみようと書名をまず調べてみた。

「The Focusing Student’s & Companion’s Manual」

http://www.focusingresources.com/materials/manuals.html



Designed to accompany the Level One and Two Focusing courses, this extensive, in-depth manual offers support for learning Focusing, emphasizing Focusing partnership.




どうやら、フォーカシングについて知識を深めたり専門にしている人のマニュアルみたいになっているようです。どうも、情報が無いのでよくわかりません。。本屋さんで気に入ったら買おうかな。



フォーカシング・ニューマニュアル―フォーカシングを学ぶ人とコンパニオンのために

フォーカシング・ニューマニュアル―フォーカシングを学ぶ人とコンパニオンのために

アン・ワイザー コーネル,バーバラ マクギャバン
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Why GTD?

スケジュール帳を選んだり、TODOの管理の方法を決めたり、どれもやり始めてみると、なかなか続かなかったりする。もともと、スケジュールの管理やTODOの管理を行うというのは難しいのだ。



単にスケジュールを記入したり、TODOをリストアップするのは単純なことだが、本質的なスケジュールを運営したり実行する内容を把握しておくということの難しさには変わりがないからだ。



自分は今のところ、以下のツールを使っている。



スケジュール帳:Moleskine weekly dairy

メモ帳:Moleskine Pocket

カレンダー:Google カレンダー

TODO管理として、check*padやRemember the Milkを試用したりみたり。
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

価値観

自分が大切に思うこと。自分の考え方の根本になっていること。

なかなか、普段、あまり自分の事をかんがえるというのは少なくて、その日の気分ですごしてしまいがちです(特に自分。。)。ただ、自分の真の価値観というのは、自分を無意識から動かしている本質的なものだと思われるので、それに気がついたりするのは大変な(自分にとっては?)作業です。

なんとなくですが以下のようなことが自分が大切に思っていることのような気がしています。ただ、正しいのかどうかわかりません。

  • 貢献すること
  • 楽しむこと
  • 成長すること


こういう内在的なことを自分に確認するのは、「フェルトセンス」に問いかけるのがよいかと思います。

フェルトセンスについては、フォーカシングを参照してください。
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Magic, Its Ritual, Power and Purpose

書籍「魔法入門 W・E・バトラー著」のI部の原書です。魔法入門は2つの書籍をあわせて一冊の本として、翻訳されています。タイトルの書籍は、この前半部に相当するものです。



個人的には、最初に翻訳本を読んだのですが、魔術とは何かというのを理解させてくれた本です。ただ、翻訳本ということもあり、文章的に理解できていない部分や原著でどういう単語を使っているのか気になったところがあったので、この原書に購入することになりました。



Magic, Its Ritual, Power and Purpose

Magic, Its Ritual, Power and Purpose

W.E. Butler
続きを読む >>
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2/5PAGES >>