オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

日商簿記 3級の勉強

今年も苦労しながら確定申告の資料を作成しているわけですが、どうも平成26年1月から個人で事業を行っている場合の帳簿の記載・記録の保存について、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されるそうです。

今までは、白色申告で所得が300万円以内では、記帳の保存義務がなかったのですが、平成26年からはこれが義務化されるとのこと。こうなると、白色申告の意味が、あまり無いということで、この義務化の対応および青色申告を見据えて、記帳の勉強をしてみることにしてみました(もともと青色申告は、申請および記帳およびその保存義務があるので、個人的にはある程度事業規模がないと青色申告によって得られるメリットより記帳関連の工数のほうが多いかなと考えていました)。

これがなぜ簿記の勉強しなきゃならないのかという理由につながるのですが、青色申告で必要な記帳は所得税法で「正規の簿記の原則」に従って作成しなければならないと決まっているからです。正規の簿記とは何なのかというのは私のような素人が理解できないような奥深いもののようですが、日商簿記などの検定で勉強する複式簿記は正規の簿記の要件を満たしているそうなので、難しいことを考えず、複式簿記を勉強すればよいそうです。

所得税法施行規則 第五十七条

青色申告者は、青色申告書を提出することができる年分の不動産所得の金額、事業所得の金額及び山林所得の金額が正確に計算できるように次の各号に掲げる資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引(以下この節において「取引」という。)を正規の簿記の原則に従い、整然と、かつ、明りように記録し、その記録に基づき、貸借対照表及び損益計算書を作成しなければならない。

 

まずは、簿記の基本ということで、日商簿記3級の勉強をしてみていますが、さすがに何もなしに過去問題に取り組むほど、簡単なものではないようなので、インターネットでテキスト探しから始めました。3級は簿記の入門として解説してくださっているサイトが多く非常に十分な情報がインターネットで手に入るようです。とてもありがたいことです。


日商簿記3級テキスト&問題集

簿記の館 学習ページ

【2012年版】簿記3級合格講座
PDFで講義資料がダウンロードできます。 http://www.nou-college.com/upload/rejeme_389_1.pdf


以下は、テキストが市販の物ですが、音声講義が無料で公開されています。内容が気に入ったら、テキストを買ってみるということもできます。

「日本一やさしく」シリーズ音声講義ダウンロードページ

とりあえず、これらを参考にして勉強してみるつもりです。

日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Garmin fenixのProfiles 2

Setupの変更箇所をまとめてたのですが、どれもHikingとRunninで共通で使っているような設定かも(GPS Modeは状況に応じて使い分けてますが)。他にどんな設定をしているのか、ざっと調べてみました。個人的に、HikingとRunningで使い分けしなそうなところは調べていません(以下の表で、未調査としています)。

ひととおりSetupの設定をみて感じたのは、測定するアクティビティ(HikingやRunning)で設定を変更したいような箇所はHot Keys、Data Pages、Tracks、Fitnessぐらいかなと思いました(あと、GPS Modeで設定するTracking頻度は、どちらかというとどれだけの時間をTrackingしたいかによって変わるかも)。

 

Data Pages

Data PagesはStart GPSの時の表示内容です(Navigationに表示内容を変えることができます)。これが使用している時に一番見たいところなのでアクティビティによって変えたいところでもあります。Runningのときはとりあえず、DIST/TIME/PACEで十分なので、他のページをDELETEしようかと考えています(間違えてボタンを押した時に余計なページがいくつも表示されるのが面倒なので、、)。

 

Tracks、Hot Keys

Auto Startなどを自動で行うのか、Hot Keysに割り当てるのかというところで大体決まってしまうような。オリジナルの設定でHikingのときはAuto Startがオンに、RunningのときはAuto Startはオフになっています。Runningの方が走り始めから記録した方が正確なペースなどが表示されるので手動になっているのかなとおもいます(あと、立ち止まっていたり休憩しているときも、記録しないほうがよいかなとも思いますし)。

 

Fitness

これはRunning用ですね。

 

階層1 階層2 私の設定値
(Hiking)
私の設定値
(Running)
備考
System        
GPS Mode   UltraTrac Normal Track頻度(UltraTracは1分ごとで長時間向け、Navigationを使うとNormalに戻る)
WAAS   On On 測位精度が良くなる(かも?)
Hot Keys Hold Up Off Start/Stop △長押しでGPS Start
  Hold Down Off Lap ▽長押しでLap記録
  Data Page Back Time Time 左下ボタンで時計
  Data Page Up Scroll Data Scroll Data △でスクロール
  Data Page Down Scroll Data Scroll Data ▽でスクロール
Language   English English 日本語はないです
USB Mode   Mass Stor. Mass Stor. USB接続すると、ストレージとして認識される(Garmin ConnectやBaseCampの接続と関係ないような。何を設定してもよい?)
Data Pages        
Tracking Page 1 2 Fileds
(DIST/TIME)
3 Fields
(DIST/TIME/PACE)
GPS On(Trackin)のときの表示内容、距離・時間・ペース(min/km)
  Page 2 Compass 2 Fileds
(CAL/TIME)
消費カロリー、時間
  Page 3 Altimater Altimater (ランニングではあまりみないかも)
  Page 4 2 Fields
(ASC/SPEED)
Compass (ランニングではあまりみないかも)
  Page 5 Map Map (ランニングではあまりみないかも)
  Page 6 Time Time  
Navigating Page 1 3 Fields
(ETE/FDIST/ETA)
3 Fileds
(ETE/FDIST/ETA)
Navigationしているときの表示内容、Runningでは使ったことない
  Page 2 2 Fileds
(DIST/TIME)
3 Fields
(DIST/TIME/PACE)
 
  Page 3 Compass 2 Fields
(CAL LTIME)
 
  Page 4 Altimater Altimater  
  Page 5 2 Fields
(ASC/SPEED)
Compass  
  Page 6 Map Map  
  Page 7 Time Time  
Indoor 未調査     GPS ModeがIndoorのとき?
Sensors        
Mode   On Demand On Demand センサーを常時On or not
Compass 未調査      
Altimater 未調査      
ANT Sensor 未調査      
Tones 未調査      
Display 未調査      
Reset 未調査      
Map 未調査      
Tracks        
Method   Auto Auto Trackの頻度?
Interval   Normal Normal Leastなどありますが、どういう意味なのか不明(頻度が減ってバッテリーが持つんだと思いますが)
Auto Start   On Off Start GPSをした時にTrackを開始するか
Auto Save   Off On Stop GPSをした時にTrackを保存するか
Auto Pause   Off Off 停止している時にTrackをPauseするか(Pause条件は?)
Output    
GPX
GPX/FIT FITも出力しないとGarmin Connectでアクティビティをアップロードできない。
Time 未調査      
Units 未調査      
Pos. Format 未調査      
Profiles 未調査      
Fitness        
Auto Lap   Off 1.00 km 1kmごとにラップ表示(min/km)とバイブ
User 未調査      
HR Zones 未調査      
FIT Actity   Other Running カロリー表示に影響?
Foot Pod Speed   Indoor Indoor Foot Pod用
Geocaches 未調査      
Menu 未調査      
About 未調査      
日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Garmin fenixのProfiles

結局のところ、Profilesといっても他の設定の組み合わせのようなので、ようは自分好みの設定にどうやって変えていくかというところだと思います。

購入してきてから変更している設定を簡単にまとめてみます(まとめていて気が付きましたが、HikingとRunninのProfilesの変更には関係ない項目かも。。)。

 

Setup>System

GSP Mode: Normal

最初はUltraTracにしていましたがNavigationを使用するとNormalに戻ってしまうので、結局Normalにしています(NavigationではUltraTracが無効になるのが仕様のようです、バッテリーが8時間ぐらいしか持たなくなるのが登山では辛いっすね)。

WAAS: ON

WAAS/MSAS広域デファレンシャル対応とのことですが、測位精度がどれぐらい変わるのか(変わらないのか)確かめていません。

 

Setup>Tones

Messages: Vibration

Kesy: Off

操作音など音が私は嫌いなので、Offかバイブレーションにしています。他にAlertsの設定で、ナビの設定箇所に近づいた時やバッテリー残量が減ったときのアラーム設定がオンになっていてNotificationがToneやTone&Vib.だと音がでます(Nav. Arrivalの各設定がOnになっていて、NotificationがToneになっていますのでこれをVibrationにしています)。

 

Setup>Time

Time Page>Addl. Dataを日没、日の出時間がでるものにしています。

Format: 24-Hours

日の出後に自動的に日没時間、日没後に自動的に日の出時間になります。

 

Setup>Units

Temp: Celsius

Pressure: Hectpascals

単位系の設定です。お好みにあわせてどうぞ。



メモ:調査中に設定を変更してしまって元に戻したかったのでFactory Settingに戻した。マニュアルの通り、Setup>Reset>All Settings>Yesで実行できる。

完全に設定をクリアするには、master resetで行えるらしい。

http://support.garmin.com/support/searchSupport/case.faces?supportPage=fenix&caseId={7fe95f70-0984-11e2-e8a7-000000000000}&locale=en_US

fenixの場合、左上のボタン長押しで電源オフしてから、左上+右下のボタン長押しで起動+データの消去の選択ができた。

 

問題点:Resetで設定がすべてクリアされると思いきや、Profilesに行った設定は初期化されていないようです。。アップデートも解除されるわけでもないので、完全に初期化とは違うらしい。

日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Garmin fenixとランニング

登山のナビゲーション用に購入したGarmin fenixですが、アウトドアモデルですがProfilesの設定を変更すればもちろん他のアクティビティでも使用することができます。fenixのProfilesの設定を見てみましたが以下の選択肢がありました。他にも利用できるとは思いますが、想定されている用途はこういうものなんだと思います。

  • Hiking
  • Running
  • Cycling
  • Geocathing
  • Fishing
  • Sailing
  • Aviation
  • Mountaineering

この設定が何に影響するのかよくわかってなくてとHikingで使っていたのですが、どうも、これからTrackを記録する内容や表示内容がProfilesの選択によって変わるようです(正しく選ばないと、望んた記録が取れなかったり、表示が最適化されていないってことです)。Profilesですが、単純にボタンや表示の設定の組み合わせを保存しているようなので、新しくProfilesを作成したり、既存のProfilesの設定を一部変えることもできます(よくわかっていないのは、どこまでがProfilesの設定の影響範囲と、変更した設定がProfilesに反映されるかどうかですが、、まあ、使いながら様子を見てみます)。

 

登山で使うとき

登山でfenixを使用するのはとても簡単です。私もなんとなく使い方を覚えました。

  1. ProfilesをHikingにします(初期の状態でHikingになっています)。
  2. Start GPSを選択します。
  3. GPS衛星を探すのを待ってから、出発です。

この状態で、自動的にTrackの記録がスタートします。終了するときは、Stop GPSです。

Navigationが必要な場合は、事前に作成したRouteやTrackを選択してGoを選択すると自動的にStart GPSと同じ状態になり更にNavigationが始まります。

TrackやNavigationを終了するときはStop GPSで終了です。Trackは記録中のものがCurrentとして表示されています。Currentに対してSave TrackしないとそのままCurrentのTrackが付け足されているようです。付け足されたとしてもBaseCampでTrackを分割できるので大した問題ではありません。そもそもTrackは、GPSのログデータでGPS座標や高度、時間などが記録されているようです。このデータをGarmin BaseCampに読み込むと登山経路の確認や高度や時間などが記録として確認できます。

 

ランニングで使うとき

Profilesの設定に気がついたのはランニングで使用したときでした。登山のときはBaseCampというツールが使ってログの確認ができますが、ランニングのときはGarmin Connectというツールを使うのがよさそうです。Garmin Connectではランニングの目標や記録、目標の達成率が確認できるなど、ランニングに特化した機能があります。

ただ、fenixをつないでGarmin Connectにアップロードを試したしたところ、アクティビティがfenixに存在しないと表示され利用することができません。BaseCampではTrackとして認識されているので(いまいちTrackとアクティビティの違いがよくわかっていないのですが)、単純なTrackデータではGarmin Connectのアップロードでは対応していないようです(手動アップロードでgpxファイルが利用゙できるようなので、Trackしかない場合も対応できますが)。

ランニングで使うときは以下のように使っています。

  1. ProfilesをRunningにします。
  2. △を長押しします。
  3. GPS衛星を探すのを待ってから、出発です。

これで、ラップの記録が開始されTrackの記録も始まります。△を長押しするとTrackとラップの記録が停止します。Stop GPSをすると記録が終了して、TrackがSaveされます(Hikingと違って、この操作を行うとTrackが保存されて、次の記録は別のTrackに保存されました)。

日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Garmin fenixと登山

なんでSunnto AmbitではなくGarmin fenixにしたかといえば、やっぱり登山のGPSといえばGarminでしょう?という考えからです。ただ、私自身GPSはスマートホンなどの機能を使う以外は初めてのことなので、初めて登山で使用したときはいろいろ戸惑うこともありました。

ちなみに、Garmin fenixですが自分が購入した時から5000円も安くなっているみたいです。これで、壊れた時に気軽に買い換えられますね(って、そんな金どこに、、)。

 

出発前

スマートホンや最近のGPSには、地図データが搭載されていますが、fenixにはおおまかな世界地図しか搭載されておらず、これだけでは山に行っても本来の機能が生かせません(高度計、温度計、コンパス、時計としては使えますが、、)。地図に経緯と緯度を出力して、GPSで出力されたものと比較して現在地を調べてもいいのですが、大変そうなので、事前にGarmin BaseCampでウェイポイントかルートを作成します。

Garmin BaseCampにも地図データが必要なのですが、、、これはカシミールから切り出した地図を読み込ませました(節約ですね!)。最初のうちはルートを気合を入れて登山路をなぞるように作っていたのですが、どうせ地形図を印刷していきますので分岐点やポイントだけをウェイポイントにするようになりました。

作戦としては、基本的に地形図を見ながら進む、怪しいところや時折fenixを見てウェイポイントに向かっているか、想定通りに進んでいるかを確認するという方法です。

 

登山中

Garmin fenixの特徴ですが、GPSのトラック頻度を1分間隔にするとバッテリーが最大50時間!も持つということです。このときに設定するモードがUltraTracモードなのですが、どうも、、、登山中に使用しようと思うと勝手にUltraTracモードがオフになってしまう。。

よくよくネットで調べたところ、ナビゲーション機能をオンにすると、UltraTracがオフになるらしいです。ひょえー。。

ナビゲーション機能は、設定したトラックやウェイポイント、ルートに対して、残り時間や距離を表示し続けてくれるので、とりあえずオンにしていたのですが、これだとバッテリーが早くなくなってしまいます。まあ、ナビゲーションをオンにしなくても、マップの表示やウェイポイントなどは表示できますので、最近はナビゲーションはオフで使っています。

 

帰宅後

帰宅後はBaseCampにトラックを読み込んで、結構歩いたなぁとか自己満足の時間です。出発前と帰宅後と、地図を見てニヤニヤする時間が増えましたとさ(おしまい)。

 

進化するGPS

いろいろ気になる点もありますが、ファームウェアがバージョンアップされて機能が追加されたりと、これからも楽しみがあるGSPです。

あ、そういえば、普段使いするには結構な大きさです。ビジネスで使うにはちょっと私は難しいなぁって思いました。

日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Garmin fenix販売開始

フェニックス!?

Garmin fenixの発売日ですが、もともとGarminの発表などで秋とか9月末とかの発売だと思っていたのですが、WEBでfenixの情報を集めていると以下のサイトで初回出荷は9/7というではありませんか。

Garmin fenix GPS Watch - First Batch Shipping September 7th

こっ、これは?まさかとは思いAmazonや楽天で検索したところ、1店舗fenixを販売しているところを見つけちゃいました。

他の店舗でも予約を開始しているところもありますが、在庫があるのはここしか見つけれませんでした。前回の記事では、Sunnto Ambitを紹介したのですが、山用のGPSといったらやっぱりGarminの商品が有名だと思います。機能的にはどちらも十分とおもわれるので、後は値段とデザインの好き嫌いですかね?

日誌 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

登山用GPSウォッチ

タイトルは登山と書きましたが、実際のところハイキングとも。。。

基本的に有名、観光地化されているような登山道しか歩かないないので、以前は地図すら持って行かないことも多々ありましたが(ぉぃ)、場所によっては正しい道がどちらか迷ったりするなど多少「ひやっ」と思いをする経験もあります。ニュースでも遭難事件などが報じられていて、これが自分だと思うと、マズイです。

最近はiPhoneに必要そうなデータを入れて山に行くようにはしていますが、課題もあり、これはGSPウォッチしかないでしょ?と勝手に盛り上がってみたり。


〇私の山装備の課題

最近は、ハイキングの事前準備は、カシミール3Dで目的地周辺の地図をカット(場合によってはヤマレコからトラック情報をダウンロードしておく)して、iPhoneのDIY GPSに読み込んでいます。参考になりそうなサイトや写真が多いブログなどはその内容をpocket(旧Read it later)でダウンロードしています。基本的に、山に持っていくのはこのiPhoneのみです。

ハイキング中は、最寄駅からの道はpocketにダウンロードしたブログの写真を頼りにしたり、DIY GPSで現在地を確認したりします。電波が入ればGoogle Mapを使うことも。コンパスもiPhoneのが使えますが、富士山が見えるかなとおおよその方向を調べるときぐらいしか使ったことがありません。ちなみに他にiPhoneが活躍したケースとして、ヘッドライトが無い時も、LEDライトである程度ものが見えたり。 正直、iPhoneだけで完璧でしょ?と思っていたのですが、何度か山に行くにつれて、iPhoneでGPSを使うと特にバッテリーの持ちが悪いとか、雨とか降っている中でiPhoneを操作するのは濡れそうで怖いなど、いろいろ使い勝手の面で不満がでてきました。(バッテリーの替えを持つとか、ケースに入れる手もありますけど)。


〇そんなわけでGPSウォッチ

最初は、高性能なGPSを考えていたのですが、持ち運びやすさや予算を考えたり、最悪iPhoneが使えることを思うと、どうも自分にはマッチしないと思いました。そんななか、いろいろ物色しているとGPS内臓の腕時計を見つけました。GPS、コンパス、高度計がついていて、道に迷った時に使える機能がたくさんありますし、他に印刷した地図でも持っていけば、完璧じゃない?って、気が付いてしまいました。(真面目に地形図とシルバーコンパスで読図術を勉強しようとならないところが、ゆがんでいるところでもありますが。。)

実際のところGPSがついている腕時計ですが、今のところSunnto Ambitしか選択肢がございませんのでこれで決定かと思っていたのですが、どうやら9月末にあの(GPSで有名な)GarminからFenixというGPSウォッチがでることを知ってしまい、現在どちらにするか悩み中です。

 

続きを読む >>
日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2/100PAGES >>