オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< エキスパートPythonプログラミング | main | オンラインで年賀状を済ます >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

Pythonで行こう

プログラム開発をしていると、何かと動作確認の手間が気になってくる。というか、プログラムを書いている時間よりも、書いたものの確認やテスト、テストに至るまでの時間などの方が明らかに長い(このことは、プログラムを書かない人には不思議なことかもしれないが、、)。

世の中に銀の弾丸が存在しないことは証明されたのかはわからないが、何もしないわけにもいかないので、最近流行りの軽量プログラミング言語について試してみようと思う。どの言語も基本的にスクリプト言語なので、コンパイルが不要であり動作確認が楽というメリットがある。また、オブジェクト指向に対応しているのでそれなりに大きなプログラムも作れるというメリットが有る。

言語は?

最初に悩ましいのはRubyで行くか、Pythonで行くか、JavaScriptで行くかということだ(ぉぃ)。まあ、本来何をどうやって作りたいかに寄るので言語を先に考えるというのはナンセンスなのだが、プログラミング言語を学ぶというのは学習コストがかかる。

いろいろ調べていたが、そもそも学習コストがかかるから言語を固定するという事自体が余計な考えな気もしたので、あまり根拠もなくPythonで行ってみることとした。一応の理由付けだが、最初に見てみようと思ったのは、最近のソフトウェアではオートメーション用の言語でPythonが使えるものがいくつかあるのと、GoogleではJavaやPythonを使っていると聞いたことがあったからだ。

どこから?

まずは、簡単なところから勉強をしてみます。参考にしてるのは以下のサイトです。

Python入門

とてもわかりやすい!です。また、DjangoによるWeb開発の内容もあるので、多少実用的なことも試せるかなと期待しています。開発環境の構築でPython 3のインストーラの図が立ち上がっていましたが、互換性などを考えて私は2.7.5をインストールしました。

どこでハマる?

初めてすぐにいくつかハマったので、これから始める方のためにまとめておきます。

まずは、括弧の意味がわかりにくかった。[1,2,3]、(1,2,3)、{1,2,3}とか。。インタプリタでtype()を使うと確認できます。

>>> a=[1,2,3]
>>> b=(1,2,3)
>>> c={1,2,3}
>>> type(a)
<type 'list'>
>>> type(b)
<type 'tuple'>
>>> type(c)
<type 'set'>

あと、タプルって何者?ってGoogleで検索したらわかりやすいサイトを見つけました。

Pythonにおけるタプルの存在意義

私がここまでの知識にたどり着けるんのはいつなのかわかりませんが、プロトタイプなどすらすら書くようになったら、使ってみたいです。

 

長くなりそうなので、今日はいったんここまで。

システム開発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=908 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック