オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< 電子マネービューワーをインストール | main | Garmin fenix販売開始 >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

登山用GPSウォッチ

タイトルは登山と書きましたが、実際のところハイキングとも。。。

基本的に有名、観光地化されているような登山道しか歩かないないので、以前は地図すら持って行かないことも多々ありましたが(ぉぃ)、場所によっては正しい道がどちらか迷ったりするなど多少「ひやっ」と思いをする経験もあります。ニュースでも遭難事件などが報じられていて、これが自分だと思うと、マズイです。

最近はiPhoneに必要そうなデータを入れて山に行くようにはしていますが、課題もあり、これはGSPウォッチしかないでしょ?と勝手に盛り上がってみたり。


〇私の山装備の課題

最近は、ハイキングの事前準備は、カシミール3Dで目的地周辺の地図をカット(場合によってはヤマレコからトラック情報をダウンロードしておく)して、iPhoneのDIY GPSに読み込んでいます。参考になりそうなサイトや写真が多いブログなどはその内容をpocket(旧Read it later)でダウンロードしています。基本的に、山に持っていくのはこのiPhoneのみです。

ハイキング中は、最寄駅からの道はpocketにダウンロードしたブログの写真を頼りにしたり、DIY GPSで現在地を確認したりします。電波が入ればGoogle Mapを使うことも。コンパスもiPhoneのが使えますが、富士山が見えるかなとおおよその方向を調べるときぐらいしか使ったことがありません。ちなみに他にiPhoneが活躍したケースとして、ヘッドライトが無い時も、LEDライトである程度ものが見えたり。 正直、iPhoneだけで完璧でしょ?と思っていたのですが、何度か山に行くにつれて、iPhoneでGPSを使うと特にバッテリーの持ちが悪いとか、雨とか降っている中でiPhoneを操作するのは濡れそうで怖いなど、いろいろ使い勝手の面で不満がでてきました。(バッテリーの替えを持つとか、ケースに入れる手もありますけど)。


〇そんなわけでGPSウォッチ

最初は、高性能なGPSを考えていたのですが、持ち運びやすさや予算を考えたり、最悪iPhoneが使えることを思うと、どうも自分にはマッチしないと思いました。そんななか、いろいろ物色しているとGPS内臓の腕時計を見つけました。GPS、コンパス、高度計がついていて、道に迷った時に使える機能がたくさんありますし、他に印刷した地図でも持っていけば、完璧じゃない?って、気が付いてしまいました。(真面目に地形図とシルバーコンパスで読図術を勉強しようとならないところが、ゆがんでいるところでもありますが。。)

実際のところGPSがついている腕時計ですが、今のところSunnto Ambitしか選択肢がございませんのでこれで決定かと思っていたのですが、どうやら9月末にあの(GPSで有名な)GarminからFenixというGPSウォッチがでることを知ってしまい、現在どちらにするか悩み中です。

 

情報


Suunto AmbitとGarmin fenixのどっちがよいかどうか迷って調べたときに参考にしたサイトをリストアップしておきます。余計に迷うって?

Suunto Ambit
マニュアル

Suunto Ambit In-Depth Review

Garmin fenix
マニュアル

A weekend in Seattle playing with the Garmin Fenix and other gadgets
日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=898 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック