オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< 英単語を語源で覚える | main | JUGEM PLUS [有料] >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

英文法を体得する

正直、文法書なんて読みたくないなぁというのが本心なのですが。。英文を読んでいると、感覚的に分かる文章もあれば、誤読してまったく意味を取り違えてチンプンカンプンなときもあり、もっとちゃんと英文を読めるようになりたいという気持ちがあります。日本人が書く日本語さえも主語述語がぐちゃぐちゃで意味のわからないものはいくらでもあるわけで、外国語を学ぶには文法は避けれないかなという気がしています。

直感的に文法を学ぶ

文法書ですが、例えばwillという単語の用法を表す場合には強い意思や現在の推量などを表すなどと書いてあって説明があるのですが、そもそも「強い意志」って何?「現在の推量」って何?と説明する文章自体の理解がさらに必要というのが私には複雑に見えます。強い意志が何を表すかというのは、例文を読んでそのニュアンスや使い方などを結局理解する必要があります。

個人的に直感的で分かりやすいと思っている文法書は英語で書かれた文法書として有名なEnglish Grammer in Useという書籍です。英語で書かれた文法書なのですが、こちらはwillの用法などのテーマがについて簡単な概、念が示されたあとは、例文と簡単な問題(しかも大量)で構成されています。説明文も英語で書かれているので、ある程度英語が読めないと本書は難しいのですが、例文がなかなかよく出来ていてこういうシチュエーションだから、この単語はこういう意味になるんだということが直感的にわかります。

文法を学び始めると文法書のありがたみがわかった

English Grammer in Useだけで完璧でした、おしまい。って話でしたら非常によかったのかもしれませんが、、私の場合English Grammer in Useの説明や例文の中でいまいちニュアンスなどが感じられなかったり、問題の解答がどうしても納得できない場合などがあります。そういう場合に参照しているのが、ロイヤル英文法です。Amazonの評判がよかったので購入しようと思っていたところ叶JOEが持っていたというとてもラッキーなこともあり使わせていただいています。

本書ですが、分厚さからしてかなり重厚ですが、文法が綺麗に分類され、説明も十分、例文ものっていると、見た目のとおり内容も充実しています。English Grammer in Useでわからなかった箇所を補足するのに私は使っています。あと一度English Grammer in Useで勉強した項目の箇所をみると、English Grammer in Useではあれだけ多くの例文を読んで問題を行って理解した箇所が、非常にすっきりと単純明快にロイヤル英文法で説明されていることにおどろかされます。最初からロイヤル英文法を読んでいる場合は前述したとおり、日本語の用語の理解が必要なのですが、English Grammer in Useでニュアンスのようなものを理解してからの場合は、日本語の文法書が示している内容がすぐに理解できるからです。

記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=886 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック