オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< 無料のオンラインストレージはSugarSyncで決定! | main | 英文法を体得する >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

英単語を語源で覚える

英語の原書で読みたい小説があるのだが、読み始めて1ページ目からわからない単語が頻出してなかなか読む気に慣れない。英語は学生のころは、ほとんど単語など勉強していなかったのでやはり限界かなぁと反省し英単語を勉強することとした。

語源から英単語を学ぶとは

効率を考えて単語集や単語勉強用の本を選んでいたなかで興味を持ったのが語源を意識した英単語の学習だ。語源となるのは英語のもとになった西欧の言語だが、普通に考えると余計に言語を覚えないといけない。ただ、一つの語源に対して複数の派生した英単語がある場合は、もとの語源のイメージを理解することで単語についてのニュアンスなどを知るきっかけになり効率的だと思う。

参考になるサイトや書籍について

検索で調べてわかりやすくまとまっているサイトや書籍について以下にまとめた。

SPACE ALC 「語源学習法」
http://www.alc.co.jp/eng/vocab/etm-cl/

英語を学ぶすべての人へ「語源で覚える英単語」
http://www.howtoeigo.net/nvoc1.html

語源で英単語を学習してみた

私は、語源とイラストで一気に覚える英単語を購入して勉強をしてみた。今までなんとなく推測していた接頭語、接尾語の意味についての復習や、気が付いていなかった語幹の意味を知ることで単語のイメージを深めることができた。

一方、語源がわかれば英単語の意味がわかるかというとそうでもないものも結構ある。理解する手掛かりになる程度のものと思って、あまり語源に固執しないで参考程度にしようと思った。

記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=885 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック