オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< 無料のオンラインストレージはSugarSyncで決定! | main | 英文法を体得する >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

[docomo]ケータイ補償 お届けサービスのお世話になった

先月、docomoの携帯をジュースに水没させてしまい、、なんとか電話帳のバックアップをSDカードにすることができたが、そのあとは全く電源が入らないし充電もできなくなってしまった。正直、こういうことがまさかあるとは思っていなかったが、一応携帯の保障サービスに入っていたので利用してみた。

ケータイ補償お届けサービスセンターに電話をする

利用方法だが、docomoのサイトなどでケータイ補償お届けサービスセンターの電話番号を調べて電話をする。最初に注意事項の説明や、どういう問い合わせ内容なのかをプッシュ番号で選択しているとオペレータにつないでもらえた。

電話の状況や故障の理由など確認されて、交換品を手配してもらえることになったのだが、どうも自分が利用していた機種(N906iμ)の交換品に在庫がないらしく、別の機種への変更を勧められた。違うメーカーの機種などだと使い勝手が変わるから嫌だなぁと思っていたが、どういう機種が良いかなどの希望を聞いてくれたので、メーカーと折り畳み式がよいと伝えると自分が利用している機種より1世代新しい機種を進めてくれた。機種の決定については後日でもいいということなので、いくつかの機種の候補とカラーを聞いて、ウェブサイトなどを見て機種を決定して電話をかけなおし手続きを終了した。

交換品が送られてきた

交換品が宅配便で送られてきたがリフレッシュ品ということなので、購入する時のような箱には入っていなかったが、外装は交換されているようで見た目は新品のようだった。また、マニュアルも普通についてくる。逆についていないのは充電用のケーブルやFOMAカードなど、これは元の携帯を利用する必要がある。また、故障品を返送する封筒が入っているのでそれを返送して手続き終了です。

 

最近の携帯は価格が高価なのでこのようなサービスはとてもありがたいと、実際にサービスを利用して思った。手続きも簡単だし、月々の保険料も携帯の価格を考えると手ごろだと思った。また、在庫がない場合は別の機種に交換できるなど、携帯が壊れるまで使いつぶして、別の機種に交換してというサイクルで使い続けるなんて手もあるのかな?と思った。

日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=884 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック