オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< Singletonパターン | main | ノートPCのHDD交換(OS、データのコピー) >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

SSDドライブにしてみました:VAIO PCG-SRX3/BD

トランセンド・ジャパン
¥ 9,427
コメント:古いノートPCの2.5インチIDE HDDの置き換えに使えます。SSDです。
古いノートPCに最適!
iBook G4にて快適に使用中
2003年頃のPCに装着して快適です

JUGEMテーマ:コンピュータ
 
もう、VAIO PCG-SRX3/BDも古くなったし新しいパソコンほしいなぁって思っていたときに、SSDというものがあることを思い出しました。数年前までは数GBで何万円ととても庶民では購入できない代物でしたが(というか、かなり頑張らないとOSやソフトが入らないような容量でしたし)、今では検索してみると安いものは32GBで1万円程度!最近のマシンは数百GBやTBのHDDがあたりまえですが、SRX3はもともと30GB程度ですから十分な容量です。

早速、TranscendのTS32GSSD25-Mを購入しました。これを選んだのは値段が手ごろなことと、ネットをみているとSRX3で試されている方が結構いたので、情報があるかと思いました。
(TS32GSSD25S-Mという後ろにSがついている製品には、古いバージョンではパフォーマンスが悪いものがあったそうですが、今回試しているTS32GSSD25-MというSが後ろについていないものは、この問題が無いそうです。安心安心)。

HDD交換については、以下のサイトを参考にさせていただきました。
futuremix「VAIO PCG-SRX3 のハードディスク交換」
http://futuremix.org/2004/08/vaio-srx3-hdd

HDD交換してからは、通常のリカバリーディスクを使ったインストール手順と同じです。せっかくパフォーマンスが良くなるし、OSのクリーンインストールからやりました。リカバリーディスク1,2,3のインストールで終了(アプリケーションは個人的に必要なかったのでリカバリーしません)。


実際のパフォーマンスですが、ディスクアクセスが多い処理では多少早くなったかなって思いました。副次的な効果ですが、もともとHDDのカリカリ音があったのがなくなったのはうれしい。また、HDD部分の発熱もなくなります。ディスクアクセスが早くなって思うのは、やっぱりCPUやメモリーがやっぱりパフォーマンスのネックになっているなってこと。


システム開発 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。
100円エコPCマーケット | 2011/06/05 11:04 AM
コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=844 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック