オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜
<< 実行する前に計画を立てる | main | 夏休みの東北旅行 >>

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

英語の基本用語を習得する

前回、英語の基本用語を習得することを最初の目標とすることを書いたが、その方法について試行錯誤を行っている。

今のところ以下の2つを体験してみた。
-速読速聴・英単語 Basic 2200
-SSS英語学習法

速読速聴・英単語 Basic 2200


Z会が出版している英単語を効率よく学ぶための書籍で、CD-ROM付きでなかなかおてごろな価格で購入できる。英単語の学習というと、単語のみが羅列されていたり、脈絡の無い例文があったりするものがあるが、この書籍はある程度の長さの例文から効率よく英単語を学習できるようになっている。個人的には、このようなスタイルのほうが記憶しやすいと考えているのだが、実際体験してみると例文がなかなか面白く付属のCDを聴きながら楽しく学習できている。
今のところ、何度かCDを聴いて内容がずいぶん理解できてきたので、次は書籍を読んでみて文章の内容や単語について
学習してみようと思う。

SSS英語学習法


英単語の利用数が限定された学習者用の書籍を多読して英語を学習する方法で、以下のサイトでいろいろ工夫された方法が紹介されている。
http://www.seg.co.jp/sss/
どれぐらい多読するかというと、最初のステップとして100万語を読破することから始める。100万語というと途方も無い量に思えてくるが、ペーパーバックの本を一冊読めば、おおよそ10万語あるため10冊で100万語超えることになる。まあ、日本語でも10冊の本を読もうと思うと、読書週間が無い人にとってはかなりつらいかも、、。英語の本を読むとなると、わからない単語などがあったりするとなかなか進まなくなるので、単語数がかぎられた容易な本を読むという方法をとるらしい。
単語数が限られた本というのは学習者用にあるのだが、多読となると大量に用意しないといけない。まあ、勉強するために出資は仕方がないのだが、多少は節約したいということで図書館に蔵書があるか調べてみたところ、Oxford Bookwormsがいくつかあるらしいので、早速借りることができた。SSS英語学習法を行っている人が蔵書の希望をしていることもあるようなので、近くの図書館を調べてみることをお勧めします。
記録(自己啓発) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のURL

http://spw.jugem.jp/?eid=547 [記事を編集する]
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
※注意:スパム対策のため、この記事のURLへのリンクのないトラックバックはすべて受付できません。
この記事に対するトラックバック
速読速聴 英単語 Q&A
速読速聴 英単語 Q&A | 速読速聴 英単語 Q&A | 2007/08/22 10:49 AM