オタクのブ。

〜 オタクが発信する(たまには)役に立つ情報とオタク観察日記 〜

スポンサーサイト

スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
- | permalink | - | -

富士登山でのご来光

2010年8月8日 早朝のご来光の風景を写真に撮りましたのでアップロードします。実は、この日は眼鏡を持っていっておらず、改めて写真をみるとこんなにきれいだったのか!と思ってみたり(疲れと寒さで余裕がなかったのかもしれません)。
ご来光1
ご来光2
ご来光3
記録(アウトドア、オートキャンプ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

富士登山装備

今週末の8/7、8/8に富士登山に行ってきました。初めての富士山ということもあり、最初に不安に思ったのが登山用の装備でした。子供や年配の方も富士登山されているというのは知っていたのですが、軽装備で富士山に登ったために救助されるという話も聞いており、どれぐらいの装備をしていればいいのかというのがわからなかったところ。
実際には夏の富士登山が始まる7月以前にアウトドアショップにでかけると、富士登山用のフェアなどがやっていて大体の店には富士登山の装備リストのチラシなどをおいていたりしますし、店員に聞けばちゃんと教えてくれるためほとんど困ることがありません。最近の登山人気や富士山人気もあるみたいですが、富士登山というのは非常に人気があるんだなと感じました。

さて、今回私が用意した装備ですがアウトドアショップやネットで参考にさせていただいた装備にほぼ沿ったものになっていると思います。もう30代と若くもないし、普段運動をしているわけでもなく体力に自信もないので装備でなんとかしようという作戦です(笑)。
しかし、、この装備ですがお金がかかります。まじめに、お店が紹介するものを購入すると普通に15万近くかかると思います。すでに持っているアウトドアやスポーツ関連の装備を流用したり、今後キャンプなどで使うと決めて買ってしまうとか、お金の面での悩ましさに苦しめられることとなりました。

 
衣服
分類 項目 メーカー 商品名など サイズ、個数
ベースレイヤー Tシャツ モンベル ジオライン3Dメッシュ T Men's S
  タイツ ゴールドウィン パフォーマンスロングタイツ S
ミドルレイヤー 長袖Tシャツ アディダス 普通のスポーツ用シャツ  
  フリース パタゴニア R2 S
  トレッキングパンツ モンベル ストレッチライトパンツ S
アウター レインウェア(上) モンベル ストームクルーザー S
  レインウェア(下) モンベル ストームクルーザーパンツ S
  スパッツ   ゴアテックスのもの ロング
登山靴 トレッキングシューズ ミズノ ミドルカット 中敷追加
帽子 キャップ   普通のキャップ  
手袋 軍手   滑り止めつき  
ヘアバンド ヘアバンド     フリーサイズ
下山後用 着替え   Tシャツ、トランクス、靴下  
  タオル      
装備
分類 項目 メーカー 商品名など サイズ、個数
ザック ザック Millet BELLEVUE 30L
  ザックカバー - ザックに付属 -
ヘッドライト ヘッドライト   LEDが3つ付いたもの  
  換え電池     単4×3
サングラス サングラス Smith REACTOR MAX
Crystal/Clear Mirror&Red Mirro
 
ストック ストック     1本
タオル        
小物、便利品
分類 項目 メーカー 商品名など サイズ、個数
水分 ポカリスエット     500mL×2
  水(酸素高濃度)     500mL×1
食べ物 スニッカーズ     1個
  おにぎり     2個
  ウィダーインゼリー     1個
  チョコレート     100g
  カロリーメイト     1個
身の回り品 トイレットペーパー     1巻
  常備薬   ナザール、目薬、酔い止め  
    バファリン アスピリン
  バンドエード      
  テーピングテープ      
  マスク     2枚
  カイロ     2個
  ウェットティッシュ     8枚
  汗拭きティッシュ      
  リップクリーム      
収納 ビニール袋     小×3、大×1
  圧縮袋     中×2個
緊急用 サバイバルブランケット     金×1枚
その他 地図      
  私物   家の鍵、携帯電話  
  健康保険証      
  100円玉   トイレ用 20枚
  お金     千円札×10
一万円×1
続きを読む >>
記録(アウトドア、オートキャンプ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

オートキャンプ準備

評価:
価格: ¥879
コメント:タープのメインポールとかは40cmや50cmのペグがいいと思います。

近くのスポーツ用品店がバーゲンをやっていたこともあり、次回のキャンプのための用品を購入しに行った。今回購入したのは、スノーピークのソリッドステーク40と、ランタンのマントルです。

前回のオートキャンプでは、以前購入していたソリッドステーク30を利用していたのですが、2日目の朝に強風が吹いたときにタープのサブポールで利用していた20cmタグが抜けるは、大丈夫だと思っていた30cmペグが抜けかかるという怖い思いをしました。その日は、前日に雨が降って地面がぬかるんでいたのに加えて、風もかなり強くタープがかなりたわんでいましたので、こういう悪条件だと30cmでも厳しいなぁと思いました。
そういうわけで、今回は40cmを4本購入してこれをメインポールに使い、サブポールには30cmを使おうかなと思います(サブポールの30cmもちょっと危ないかもしれないかなぁと思うのですが、まあ、奥まで十分ペグダウンしておけばいいかなぁと思います。やばかったら、2本打ち、、、)。
50cmは、実物を見てみたらかなり長いし、太いし、重いし。これが必要なぐらいだったら、タープを張るのはあきらめるだろうな、、ということでやめました(ぉぃ)。

記録(アウトドア、オートキャンプ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

オートキャンプ2回目(タープ)

価格: ¥30,240
コメント:美しいラインのヘキサタープです、またサイズがLだと十分に余裕がありGoodです。

オートキャンプ2回目は、snow peakのアメニティードームを買ったときに応募したsnow peakのスターターウェイに参加しました。抽選ということなので当たると思ってなかったんですが、当たってしまった。場所と日付は、森のまきばオートキャンプ場、10/17&18です。

今回買い足したキャンプ用具ですが、今回は叶JOEと2人ということで、一通りキャンプの用具をそろえないといけないので買い物をしました。購入したのは、タープです。先にスノーピーク ペグハンマー PRO.Cを買っていたので今回はタープのみを購入したのですが、どうもタープのPROセットがあるようで最初からタープとハンマーを買うのだったらこちらの方がよさそうです。タープ単体を購入した場合は、ポールとペグを別途用意しないといけないので手間になります(ポールやペグを自分の好みのものにできるというメリットもありますが、結局のところPROセットの内容がスタンダードであり最低限必要なものだと思います)。

キャンプ場は、フリーサイトで場所がかなり広く、広々としていました。ちょっと気になったのは、傾斜がある場所が結構あるので場所を気をつけないと、テーブルが傾いたり、テントで寝ているといつのまにかにずれてきていたりしました。あと、広々として風通しがよい分、風が強くなるとタープなどがかなり風を受けていました。ペグの長さを20cmと30cmのものにしていたのですが、20cmのものが途中で抜けてしまって怖い思いをしました(一時的に雨が降って地面がゆるくなったというのもあります)。30cmもかなり奥まで打ち込まないと緩んでしまっていました。やっぱりタープだと、40cmぐらいのペグを用意しないといけないなぁと思います(メインの4本が40cmで、サブの4本が30cmがいいかなと思います。場所によっては50cmもいるのかな)。

記録(アウトドア、オートキャンプ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

初めてのオートキャンプ(テント)

価格: ¥34,800
コメント:組み立てがお手軽です、メーカーのサイトに組み立て方法の動画があります、購入前にも購入後にも見てみるといいと思います。

価格: ¥5,880
コメント:ペグを打つにも、抜くにも、やっぱりいいものを使いたいですよね?

 8月末に叶JOEのお友達家族と、御殿場のオートキャンプ場に一泊二日のキャンプに行ってきました。とはいえ、キャンプなんて始めてなんで事前にスポーツオーソリティにテントなどを買いに行ってきました。

購入したテントは、スノーピークのアメニティドームです。スターターセットというものがあり、マットセットを購入しました。テント内に引くマットがセットになっているものです。スノーピークにしたのは、なんとなくかっこいいから(ぇ)。日本のメーカーということもあり、品質もいいかなぁっていうイメージもありました。正直2人で使う程度なので、もうちょっと小さいのでもいいかなぁとも思っていましたが、オートキャンプなので、それほど収納時のサイズなどの制約がないし、実際テント内で寝てみるとある程度サイズがないと圧迫感があったかなぁと思いました。

アメニティドームですが、別途ポールを購入すると入り口の部分を開けてスペースを確保できるみたいです。お金があったら、検討してみたいと思います。


あとペグ用のハンマーもスノーピークのものを購入しました。後から気がついたことですが、ハンマーとしてはかなり高価なものですが、ペグはテントを地面に固定するための重要なもの、せっかくなのでペグもソリッドステークほしいなぁ(ただ、ぬかるんだ地面には十字とかV字のプラスチックタグみたいですよ)。

記録(アウトドア、オートキャンプ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 1/1PAGES